京都大学医学研究科 産学連携 潜在力開発プログラム RICゼミ(2020/9/13〜11/29)

Description
あなたも、自分自身のミッション・ビジョン・目標を可視化してみませんか?

はじめまして、RIC総合研究所の黒田と申します。

RIC総合研究所は、多くのビジネスパーソンが「より良い生き方(well-being)」を実践できるように、一人ひとりの潜在力開発をおこなっている機関です。

現在、RIC総合研究所では、京都大学医学研究科との産学連携のもと、潜在力開発プログラム「RICゼミ」を提供しています。

「RICゼミ」は、「逆境を乗り越える力を引き出す」ことを目的とした「個別ワーク&ゼミ」形式のプログラム。

逆境を乗り越える力はすべての人に備わっているという考えのもと、人の潜在力を徹底的に信じて100%掘り起こします。

3ヶ月全12回のプログラムを通じて、意識と行動に変容をもたらし、自己成長できる素地をつくるのです。

「RICゼミ」は、人生を振り返り、ずっと気になっていること、解決できていないこと、誰にも言えずにいること、過ち・・こういった自分の中にあるネガティブ要素を書き出すところから始まります。

自分の内なる源泉へアクセスすることで、自分の中にある課題を認識し、自分自身のミッション・ビジョン・目標を可視化していくのです。

普段、なかなか向き合いたくないことだからこそ、そこから、今の自分に不足しているもの、今の自分が求めているものを導き出すことができます。

そして、「RICゼミ」終了時には、自分の判断に確信を持って生きることができるようになります。

何が起こるか分からない時代です。

自分の生き方を主体的に選びとっていくため、あなたも自分自身と向き合い、意識と行動に変容をもたらしませんか?

行き詰まっている、逆境に置かれている、何かが欠けている感じがする、自分を変えたい、そんなあなたの一助となりますように。




━━━━━━━━━━




■ 日程(各回 9:30〜11:30)


3ヶ月、全12回のプログラムです。
─────
【第1回】9/13(日)人生の振り返り FreeRICとオリエンテーション
【第2回】9/20(日)避けてきた出来事にフォーカス
【第3回】9/27(日)気づきから求めているものを知る
【第4回】10/4(日)現状と過去の関連性から自己探求
【第5回】10/11(日)トレーナーとの対話で深まる自己認識
【第6回】10/18(日)エンプティーチェアーで弱さと向き合う
【第7回】10/25(日)トレーナーと課題発見
【第8回】11/1(日)「生と死のワーク」
【第9回】11/8(日)課題解消図
【第10回】11/15(日)ミッション・ビジョン・目標設定で未来を目指す
【第11回】11/22(日)現実を変えるチャレンジ
【第12回】11/29(日)変化の振り返りと「RICゼミ」を終えて
─────
※ それぞれ独立したワークでありながらRIC(Reflection → Impression → Challenge)の流れで進めることにより包括的な成果が得られる設計
※ RIC総合研究所が京都大学医学研究科と共同開発した「内なる源泉へアクセスする手法」を用います




■ 参加方法

> リアル参加
──────────
Collabo Earth E9(コラボアースイーナイン)
京都市南区東九条南河原町9-1
https://goo.gl/maps/13knYgLeqqxqjPx58
──────────
※ JR「京都」駅から徒歩13分
※ コロナ対策として、ソーシャルディスタンスを保持し、定期的に換気をおこないます。
※ 各自、マスク着用と検温をお願いします。

> Zoom参加
─────
お申し込みいただいた方にアクセスURLをお知らせします
─────
※ 思考が妨げられないよう、できるだけ静かな場所からアクセスしてください
※ パソコンやタブレットなど大きな画面での参加をお勧めします(スマホ非推奨)




■ 定員


3〜6名

※ 3名に満たない場合は中止または延期
※ 定員を超えた場合はキャンセル待ち
※ 運営側より参加可否のご連絡をいたします(参加できない方にはご返金)




■ 推奨年齢


25〜45歳




■ 参加費

150,000円(税別)

※ オンライン化の開始特別価格(通常300,000円)
※ 改善のためのフィードバックにご協力ください




■ 申込期限

9月11日(金)23:59 ←開始48時間前




■ 事前にご準備いただきたいこと

深く自己探求していただけるよう、あらかじめRIC総合研究所のオフィシャルサイトを読み込んでおいてください。
─────
> RIC総合研究所 - 逆境を越えられない人はいない
https://ricsoken.jp
─────




■ RICサイクルについて



「振り返り」「感動」「チャレンジ」3つの視点で探究する


RIC総合研究所代表の黒田眞理子が、さまざまな逆境を乗り越えた自身の特異な体験(経営破綻 / 夫との死別 / 新たな起業 / うつ病を発症 など)を基に、潜在力が引き出されるプロセスをRICサイクルとして忠実に形式化。

専門家監修のもと、「個別ワーク&ゼミ」形式のワークショップに落とし込んだものが「RICゼミ」です。

「振り返り」「感動」「チャレンジ」3つの視点で自己探究することにより、意識変革を起こすよう設計されています。


↑ 京都大学医学研究科との連携による独自理論として人材育成学会にて論文発表しました。




■ 監修者



京都大学大学院医学研究科 医学教育・国際化推進センター 助教
種村 文孝

豊かな人生、豊かな社会につながることを目指して、人が生き生きと働いたり、人とつながる喜びを感じられるように学びの機会を探究している。生涯学習や学習理論について深めながら、法曹や医師などの専門職養成や人材育成の実践にも取り組んでいる。

─────



一般社団法人 国際心理支援協会 統括責任者 臨床心理士
伊藤 之彦

「人は他人を通して本当の自分を知ることができる」をテーマに、教育に関わるものから、人間関係の問題まで対応。専門は認知行動療法、マインドフルネス療法・EMDRを主軸に置き、それらを用いて問題解決・症状改善を行う。「その人らしさ」「自己発見」を大切に心理的援助を実践している。




■ ファシリテーター


RIC総合研究所 代表
黒田 眞理子

1996年、保育事業を展開する株式会社パワフルケア創業。組織を率いる一方、さまざまな逆境を乗り越えた体験を基に、人の潜在力を引き出すRICサイクル理論を同志社大学と共同研究。会社を事業継承した後、2017年にRIC総合研究所を創設。現在、京都大学医学研究科と連携し、RICゼミの提供をおこなっている。




■ RIC総合研究所とは https://ricsoken.jp

「逆境を越えられない人はいない」という信念のもと、RICサイクル(ビジネスモデル特許取得・商標登録)の研究と普及をおこなう機関です。一人ひとりが、自分のミッション・ビジョン・目標を知り、自己実現していく社会。それこそが、人類の目指すべき次なるステージだと、わたしたちは考えます。




■ トレーナー募集中

現在、「RICゼミ」のトレーナーを募集しています。以下にピンときた方は、お問い合わせください。
─────
人の成長に貢献したい方
レジリエンス育成のサポートがしたい方
人の変容プロセスを一緒に実感したい方
─────




───────────────
「チケットを申し込む」からお申し込みいただいた時点で、「お申し込み規約」に同意したとみなします。
───────────────
Sep 13 - Nov 29, 2020
[ Sun ] - [ Sun ]
9:30 AM - 11:30 AM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
「RICゼミ(全12回)」参加費 SOLD OUT ¥165,000
Venue Address
京都市南区東九条南河原町9−1 Japan
Organizer
RIC総合研究所
27 Followers

[PR] Recommended information